最近話題の4Dアートメイクって?メリットとクリニックの選び方

出来るだけ素早く理想のメイクを仕上げたい

毎日キレイにメイクを仕上げて理想の自分に少しでも近づけるよう努力しているという方も多いのではないでしょうか。
メイクによって全く違った印象を作れるので、毎日研究を重ねてより理想の自分に近づいていきたいものですが、朝って忙しい時間でもあるので、出来るだけ素早く理想のメイクを仕上げたいというのも、女性にとっては重要なポイントとなります。
少しでも時短できれいにメイクをするためには、マツエクをしたりBBクリームを使ったりと、色々と方法があると思いますが、もっと時短が出来る方法としてどんどん人気を集めているアートメイクというものをご存じでしょうか。
アートメイクは今までは主にまるでメイクをしたかのような刺青やタトゥーを入れることで、朝のメイクの時間を時短できることで話題を集めていました。
すっぴんの時でも薄くなりすぎないとして多くの女性に人気を集めましたが、刺青やタトゥーを入れると眉が濃くなりすぎて、すっぴんの時不自然な印象になってしまうという悩みを抱える方が多いというのがデメリットでした。
しかし最近は皮膚表面に施術をしてくれることでナチュラルに仕上がるというだけでなく、1〜3年かけて薄くなっていくので、よりナチュラルに仕上がるよう進化しているんです。
一言でアートメイクといっても、今までは2Dが主流でした。
ペンシルで眉をかいたようなくっきりとした仕上がりになるものだったので、いつでもばっちりメイクをしている印象を作りたい方にはおすすめですが、すっぴんになると違和感がある場合もあるというのが特徴です。
その後登場したのが3Dアートメイクというものです。
2Dではべた塗りされていたデザインでしたが、3Dは1本1本眉をべた塗りすることで細かい毛を再現するので、仕上がりがとてもナチュラルになります。
本当に毛が生えているような立体感を出すこともできるということから、今までは実現しなかったナチュラル感を出すことが出来るということで話題となりました。

眉毛生えないから、アートメイクしたいけど高い🤣 4Dアートメイクやからなー

昔のアートメイクなら安いけど4Dはやはり高いのかな? どっかいいとこないかな。
pic.twitter.com/qFhCkaEd82

— ゆーき (@yuuki106108) May 2, 2020

出来るだけ素早く理想のメイクを仕上げたい : 4Dは専用の機械を使うことによってパウダー状に色素を入れていく技術のこと : 4Dアートメイクは、施術を受けるだけで毎日の生活がより楽になる